浜焼太郎とは

産直海鮮居酒屋浜焼太郎

「安い!」「うまい!」「元気がいい!」の3つのテーマで、オリジナリティあふれるサービスを提供する、急成長中の居酒屋チェーンです。

手厚いサポート
  • 初期投資約640万円~の出店が可能
  • FC(フランチャイズ)フィー、施工費、開業費等
  • 銀行融資以外の資金調達のご相談
  • 2年での投資回収モデルをご提案
  • オーナー様の店舗勤務・非勤務別売り上げも出るのご提案
  • 来店客数最少時での回収シュミレーションのご提案
  • 外部ネットワークを用いた全国優良物件のご紹介
  • 店舗規模にあった商品開発のお手伝い
  • ポスター、チラシ、HP、メニュー等の販促物製作
  • 店舗経営の基本知識、運営ノウハウ等のご案内
  • 自由度の高いFC(フランチャイズ)パッケージのご提案
  • オーナー様利益重視型
  • 低リスク低投資!
  • 料理人不要!
  • 短期回収可能!
  • 助成金支援制度あり!
  • 個人・法人不問!
  • 資金調達しやすい!
  • 不景気に強い!

簡単調理
お客様が海鮮食材を調理する(焼く)「セルフクック方式」
仕込み・調理不要で誰でも提供可能!!
浜焼太郎は、海鮮浜焼を主体とした業態になっており、お客様がほとんどの商品を調理をするスタイルとなっております。
さらに仕込み・調理がほとんど無く、人件費の削減にも大きく影響してきます。
仕込み時間や調理の時間がほぼありませんので、人件費を大きく削減することが可能となり、最終的には「焼いて楽しむ」というお客様の満足への繋がっていきます。
ただし、産地や食べ方の説明は、更に商品価値を高めるために、お客様に説明するようにしています。

美味しい料理
全国から旬の産品を取り寄せたハイクオリティな素材!
お客様を飽きさせない産地独特の美味しい食べ方や新しい盛り付け等をご紹介!
年4回、本部より新メニューをご提案!

旬のものを安く取り入れ、低価格・高品質を実現。
繁盛店になるうえで重要なのが食材です。
これは代表が産地をまわり、地元の漁師さんにこのビジネスの想いを伝えて直接口説くことで、他にはない「安くて新鮮でおいしい直接仕入れ」を実現。

今でも月に1度は漁港に出向き、徐々に仕入れの範囲は広げています。

★日本国中の美味しい魚介類を低価格でご提供しております。

FLR比がなんと60%
  • 独自仕入れルート確保などにより、食材原価は約32%と低コスト実現!
  • セルフクック業態のため、人件費は約23%に圧縮!
  • お客様単価を2,500~2,700円に設定が可能!
  • 人件費のかかる調理人が不要!

価格はメニューを見ていただければ一目瞭然です!
安くてボリューム満点、とにかく美味しい!
客単価は約2,500円~2,700円で、「安い!うまい!元気がいい!」をモットーに価格構成を考えています。

飲食の常識を超える人件費構成!

  • セルフクック
  • 焼き台の活用
  • メニュー構成

上記を全て本部より考案し「お客様サービス重視」を心がけております。

低投資で開店
内装は「海の家」スタイル

素朴な木の香りが漂う店内。
飾られた大漁旗や漁具が雰囲気をいっそう盛り上げます。
本当に海の家に訪れているような・・・寛いで楽しめる空間を演出しています。

夏休み、海でおもいっきり遊んだあと、お腹はぺこぺこ。
強い日差しから逃れて、家族みんなで「海の家」で食事…。
とってもおいしかった。
あの独特な空間を街中に…。

会社帰りにふらっと行ける「海の家」。
浜焼太郎は、そんな「海の家」をイメージしたお店作りにこだわりました。


コンセプト

懐かしさ・あたたかさ・嬉しさからの始まり”浜焼太郎の人気の秘密そしてお店への想い”
子供の頃、夏休みに海へ行きませんでしたか?
海へ行っておもいっきり遊んだ後は、お腹もぺこぺこ。
強い日差しから逃れて、家族みんなで「海の家」で食事…。
とってもおいしかった。
あの独特な空間を街中に…。
会社帰りにふらっと行ける「海の家」。
浜焼太郎は、そんな「海の家」をイメージしたお店作りにこだわりました。
素朴な木の香りが漂う店内。
飾られた大漁旗や漁具が雰囲気をいっそう盛り上げます。
本当に海の家に訪れているように、寛いで楽しめる空間を作りたかったのです。
厳選された旬の新鮮でおいしい海産物や野菜をお客様自身で炙って食べていただきたい。
それも可能な限り安く。

「安い!うまい!元気がいい!」
をテーマにした「海の家」をコンセプトに、『浜焼太郎』の第一号店は誕生しました。

FC(フランチャイズ)運営の理念
本物のフランチャイズを目指す!
現在、たくさんのフランチャイズがあります。
その中で、本当に商売として利益を出し、FC(フランチャイズ)本部とオーナー様が密接なパートナーシップでつながっているところがいくつあると思いますか?
私たちは利益・リスクといったあいまいにしがちなところを詳細に説明した上で、お客様ではなく1人の経営者として責任を持てる方のみと関係を築こうと考えています。
フランチャイズオーナーとはお客様ではなく私たちのパートナーです。