ビジネスの特徴

業界での優位性

飲食店開業をご希望の方が抱く不安とは?~飲食業を躊躇する理由ランキング~

  • 1

    資金面への不安

  • 2

    飲食経験が無く調理に不安

  • 3

    来店があるかどうか不安

  • 4

    従業員確保に不安

  • 5

    利益が出るかどうか不安

  • すべて解決!私たちフードナビがフルサポート致します!

  • 不況にある日本では、飲食店の客単価は減少しており、外食産業全体が低迷しています。そういった中で、平均客単価2,600円~2,800円と低価格設定で運営している「浜焼太郎」は逆に売上を伸ばし続け、FC・直営店合わせて70店舗を突破しました。
  • 高齢化社会が進む現在、老後も健康に過ごしたいというニーズの中、魚料理に期待が高まっています。浜焼太郎では今後増加する中高年ビジネスマンをメインターゲットにしています。
  • 不況で撤退する飲食店が増加する中、「安い!うまい!元気がいい!」をテーマにした浜焼太郎は顧客の嗜好が移っており、ターゲット層も老若男女とかなり広く、景気に大きく左右されにくいビジネスモデルです。



ビジネスの強み

浜焼太郎はお客様ご自身が炙る「セルフクック方式」を採用しています。
高コストなベテランの調理人を必要としないため、飲食未経験の方でもスタート可能で、また人件費の圧縮も可能です。
上記ランキング1位にある「資金面への不安」に関しては、居抜き物件であれば内装工事単価が坪19万円~というローコストでの出店ができます。
これは、簡素な「海の家」を内装コンセプトとしていることで、逆にコストダウンを実現しています。

  • お客様ご自身が炙る「セルフクック方式」を採用
  • 高コストなベテランの調理人を必要としない
  • 飲食未経験の方でもスタート可能
  • 人件費の圧縮が可能
  • 坪19万円~というローコストで出店

浜焼太郎は以上のポイントをビジネスの強みとして、オーナー様が安心して店舗経営できるようにしております。
また、飲食業界未経験でもやる気がある方を応援します。