『飲食店経営における 低価格の波にのまれない為にも』株式会社フードナビ

飲食店の低価格時代が数年前にあり、価格がデフレに傾いて物が安く購入できるのは嬉しいのだが、物価は下落の道を転げ落ちてゆくことで利益幅は圧迫されて店は繁盛しているのに倒産した店なども数多くあります。そんな話は過去の話と言い聞かせて政治ではアベノミクスと日銀の金融緩和で物価を押し上げようとします。実際に昨年度は苦労していた分、時代の流れや周りの環境における恩恵をうけることができたとして、これをこの年に使いきるのではなく来年や再来年につなげる投資に変えていくいことが必要です。

また、ただ単にお金を使うのではなく戦略を持って店舗経営に取り組んでいるところが残っていくことができます。

周囲の低価格競争に巻き込まれると小さい個人店などはすぐ価格で負けてしまい利益を稼げずに体力で負けてしまいます。そこで他店との差別化を計ることも大事ですが、客数の絶対数が確実に減っている今、必要なことは客層を絞って営業するより幅広い客層を取り込める戦略が最も必要となります。
御社の店舗がカフェなのかレストランなのかはいろいろありますが、女性色に染まってしまえば女性客の取り合いとなります。飲食店の利用者は業種・業態にもよりますが女性の動員は確かに高いですが、その限られた女性客だけを見ていたら商売として成り立たなくなる可能性があります。今後の戦略で考えるのは幅広い世代に受け入れられる店づくりを目指すことです。特に日本は高齢化社会を過ぎて超高齢化社会に入っていきます。65歳以上の人口が人口の半分以上を占める日が近くなってきます。ある日、地方のファーストフード店の平日ランチを食べに行った時です。店内のお客様の数を確認したら60歳以上の男女が過半数以上だったのです。これには驚きましたが今後、日本の至るところでこんな状況が普通に起きてくることになります。
これも時代の流れなので、飲食店経営も時代の流れを先読みして誰をターゲットしていくことは重要です。しかし、ターゲットを絞り過ぎてしまえば客層の狭い土俵で勝負になり簡単に押し出されてしまいます。
これからは幅広い世代に受け入れられる店舗づくりを目指すことをオススメします。カフェなら若い子だけではなく65歳以上の方が気兼ねなく来店できる雰囲気作りや割引クーポンなどを提供してあげれば店にも行き易くなります。大きな目線で見れば地域を繁盛させるような役割を持つ店舗になれば1つの事業の成功です。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe