ニュースNEWS
2015.09.24
ニュース

『これだけはしてはいけない② 経営の失敗』株式会社 フードナビ

自分がお店を始めたいという熱い気持ちで数年間、貯めに貯めた開業資金についても注意が必要です。
開業資金はお店を開くためだけのお金ではなく経営を続けるための運転資金も入っていることを忘れてはだめです。

夢にまで見た自分のお店に現実味を帯びてくると自分のこだわりなどが出てきます。
しかし、最初の開業準備にお金を使いすぎて大事な運転資金が少なくなったら大変です。
商売は最初から上手くいくとは限らないです。継続させてこそ真意が見えてきます。開業資金より運転資金を厚く用意することをオススメします。

次に場所選びについてですが、好立地と聞くとどこが浮かびあがるでしょうか?駅前でしょうか?この立地選びも非常に重要です。
全業種がすべて駅前やビルの1階が適しているとは限らないのです。自分の商売の業態や価格帯などと比較して適した場所選びが重要となります。
そのためには安易に選ばず、もし候補が挙がってきても入念に観察、チェックすることです。そして客層です。自分の店との客層とマッチしているかなどを調べます。
次に価格帯です。自分の店の商品の価格帯と合っているかなども大事です。このように場所選びには石橋を叩くぐらいの慎重さで選ぶことです。

最後に「動かざること山のごとし」です。
開店するといろんな事が起きていろんな事を考えます。例えば数か月後に近隣で競合店が出店してきたとか、現状の営業時間や休業日に疑問を持つとか、この商品の価格帯はこれで大丈夫なのかなど考えることが多くなります。
考察することは大切ですが考えすぎるのもあまりよくないです。怖いのは考えすぎて価格や営業時間などをコロコロ変えてしまうところです。
例えば価格帯でチェーン店が進出してきて安い価格でお客さんを呼び込もうとしています。この時に自分の店も価格を合わしていたら利益率は激減で質の悪い食材とサービスで悪循環に落ちて経営が苦しくなります。こうならないように値段をむやみに崩さないことが大事です。

営業時間も休業日も最初は模索したがりますが一時の我慢も必要なのです。
「これでやる」と決めたらある時期までは変えずに検証と会議を繰り返すことです。

経営してから1年間はまず続けてみましょう。
最初からコロコロ変わってはお客さんが定着しないです。

確かに経営上の変化を付ける時もありますし、それが起点になって大きく発展するところもあります。
しかし、まず決めたなら続けてみましょう。
皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe