ニュースNEWS
2015.09.30
ニュース

『コンサルタントを利用した経営の改善』株式会社 フードナビ

売上がどうしても低迷すると何かしらのアクションを立てることが必要ですが、今回のように経営のプロにお願いするのも一つの手段です。
この経営のプロと呼ばれるコンサルタント会社は第3者の目線で店の改善点を探り協力してくれます。

例えば料理の提供方法に関しても盛り付け方や提供時間などを変えるだけでお客様が持っているイメージを変えることができます。
また料理の味の安定化を計りメニューの最適化をすることで食材の確保や管理も楽になります。サービス方法もターゲットをしっかり把握することで顧客に合うサービス提供も可能になります。

また「企業は人なり」、働くスタッフの教育も必要となります。
モチベーションを上げることで実力以上の成果を上げることにもつながります。大事なところは細かいところのチェックを怠らないことです。

そして経営する上で大事な収益力を向上することでこれから先の経営を安定させるための戦略と知恵が必要となります。

「長く流行る」という意味ではブランドを作るとも言えます。
自分の店のコンセプトを強化させることでブランド化になり、その業界や地域で盤石な地位を築くことも可能になります。ここで大事なのがスタッフの定着率を上げることです。

ここまでは内部的な改革なのですが、次からは外部へのアプローチとなります。
自店のプロモーション効果を上げる作業に移ります。この部分は自店の認知度を上げていきお客様の来店を促す作業となります。

例えば広告やチラシの実施から店前のポスターやのぼりなどの制作があります。
この販促をいかに効果的に使うのも大事です。店や企業はこの宣伝広告費にかなり経費をかけています。
集客という部分ではどうしてもお金がかかります。だからこそ、より効果的でお客様のハートに響かせるプロモーションが必要なのです。

またグルメサイトやフリーペーパーやクーポンなどを使ってお客様にお得感を味わってもらう方法もあります。
このように新規の顧客を狙いリピーター客の囲い込みを狙う、緻密な経営戦略こそが飲食店や企業を長生きさせる秘訣かもしれないです。

そして冒頭にも書いたように「人は宝」、人材は人財です。
社会保険労務士などの力を借りて労務整理と人材教育に関しても改革が必要です。就業規則や社会保険、労働保険の手続きなど人を雇う整備をしっかりすることで離職率を下げてスタッフの定着率アップにもつながります。
コンサルタントを依頼することで明るい未来が開けます。
皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe