社長ブログCEO
2015.08.10
代表ブログ

『スタッフ同士の仲が良くても』株式会社フードナビ

飲食店のスタッフ同士、仲が良い店もあれば、あまり仲が良くない店もあります。
働いているスタッフからすれば、どうせ働くならスタッフ同士仲良しな方がいいと思われるでしょう。

また、お客の立場からしても、スタッフ同士が微妙な空気の中で働いているよりも、
仲良さげに働いている店の方が好感が持てるものです。

しかし、スタッフ同士の仲が良くても、ときにはそれが悪い方向に出てしまうことがあります。

たとえば、営業中のスタッフ同士のおしゃべり。
あまり忙しくないときであれば多少のおしゃべりは許されるだろう、、と考えている人も多いものですが、
基本的に、営業中のスタッフ同士のおしゃべりはするべきではありません。

お客様から見えないところでならまだしも、ホール内でスタッフ同士が立ち話をしている光景は最悪です。
さらには、おしゃべりに夢中になるあまりお客様から呼ばれていることにも気づかなかったり、
空いたテーブルのリセットが済んでいなかったりと、業務に支障をきたすレベルのおしゃべりともなると大問題です。

即刻改善しなければならないでしょう。
先日、こんなことがありました。
ある店で食事をしていたところ、店の外に、二人の人が立っていました。
はじめは「お客さんかな?」と思っていたのですが、
その二人はその後店の前に並んだイスに腰掛けて、ずっとおしゃべりしています。
途中で、「もしかして、この店のスタッフなのかな?」と考えました。

まもなく営業が終了する時間帯でしたので、もしかするとこの後スタッフ同士の飲み会でも予定されていて、
今日オフだったスタッフが早めに到着して時間をつぶしているのではないか、と。

もうあと10分ほどで営業が終了する、という時間になると、店の外にいたはずの二人は、店内に入ってきました。
それも、まだ働いているスタッフとぺちゃくちゃとおしゃべりをしながら、です。
この後飲み会があるのか何なのかは分かりませんでしたが、
まだ他にもお客が数組残っている状態で、まるで自分の家に入るように我が物顔で入ってくるというのはあり得ないことでしょう。

その後すぐに店を出たのでそのあとのことは知りませんが、まだお客様がいる状態で、
スタッフ同士が友達の家に集まるかのようなノリで振舞うことには違和感を覚えました。
この店はサービスも良く、雰囲気の良いお店でしたので、とても残念な気持ちになりました。

スタッフ同士の仲が良いことは素晴らしいことですが、仕事とプライベートは分けるべきです。
こういった店は、実は少なくありません。

しかし、どのような場面も、お客様はしっかり見ているということを理解しなければならないでしょう。

みなさんは、どのように思われますでしょうか。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe