ニュースNEWS
2015.09.17
ニュース

『客数が増えているのに利益が上がらない時の改善点』株式会社 フードナビ

客数が増えているのに利益が上がらないこれもまた深刻な問題です。

宣伝広告費に力を入れて苦労の結果、客数を増やすことに成功したのに蓋を開けてみたら利益が減っていた状態、なんともしがたい事態です。しかし落胆せずに前に進むしかないのです。
また、この問題は多くの経営者が頭を悩ませる問題です。

実際に分析してみましょう。
考えられる要因としてはまず来客数が増えたことによる人材の確保費用である人件費の問題が上がってくるでしょう。

人件費は経費の中では最大の割合を占める費用です。イコール経営者が最も気を使う場所とも言えます。この部分をどのように工面していくかも経営手腕が試されます。
無駄な人件費を使っていないかから始まり、この業務を外部へ業務委託できないか、繁忙期と閑散期の人員の使い方なども頭に入れて組織づくりから始めることです。

すぐには数字として結果はでませんが、組織を作りあげればオートマチックに物事や情報が流れて無駄な仕事、お金を失うことがなく人員以上の成果を上げることが可能になりますので最初は我慢の時期とも言えるでしょう。

次に考えられるのが仕入れ数量のコストアップです。
来店数が多くなればその分、提供する料理も多くなります。普通で考えれば仕入れ量は増えてしまいますので必然的に仕入れコストは増えます。
しかし、ここで普通の考え方をしていては長い目で見ると商売は上手くいかないでしょう。

ここでいかにコストを抑えるかにポイントを置きます。
量が増えれば取引業者との取引金額を商談することができます。業者側からすれば何もせずに売上は上がるわけですからメリットは十分ありますので業者にも協力してもらうことです。

これによって仕入れコスト単価をグッと下げることに成功します。
でもここで気をつけないといけないのがロスです。いわゆる売れ残りの発生や賞味期限が切れて廃棄した食材によるコスト高です。
これが大きく足を引っ張るということを経営者は改めて認識しなければならないです。
また現場のロスというのは経営者が思っているより、はるかに大きい数字だと思い込んでもいいぐらいです。このロスを防ぐには徹底的な管理体制が必要となります。

売上を作るために安売りや割引などをしてしまうと商品が定価で売れなくなります。
こうなると店は悪循環に陥るので頻繁に安売りをしないことが大事です。
価格競争に落ちると店の収益はガタガタになります。目先の売上ではなく先々の売上構築に頭を働かせることです。
皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe