ニュースNEWS
2015.10.13
ニュース

『飲食店経営 大切なのはビジョン』株式会社 フードナビ

飲食店経営の成功者にインタビューをした時に「成功した一番のターニングポイント」を聞いてみたところ、失敗と挫折をした時があって今があるという答えが多かったです。

「成功の前には必ず挫折と失敗がある。」
成功は失敗をどれだけするかで決まるなんてことも聞いたことがあります。しかし、挫折と失敗は似ているようで少し違う気がします。

失敗の先に成功があるので失敗を繰り返してもチャレンジすることができますが、挫折となると失敗を積み重ねた後にあるのでダメージは相当です。
でもそれを乗り越えたからこそ今の自分があります。ではその原動力は何かと言うと、理念につながります。
そして、その理念を形にするのがビジョンなのです。このビジョンをいかに多く語るかが成功の秘訣とも言えます。

言葉で伝えてこそ人に思いが伝わる、そして行動に変わるのです。
背中を見て育つとも言いますがやはり言葉で伝えなければわからないのです。

そこで相手にこの思いを伝える為にはビジョンノートを作成することを勧めます。
ビジョンノートにはこんな項目があります。

まず創業時の想い、目的を明確にすることを書きます。
経営していると当然、方向性を失うこともあります。この原点との言える気持ちを書き留めて置くことで自分の道をぶれずに突き進むことができます。

次に経営者である理由を考えることです。普通に生きていくことよりかは過酷な道が経営者だと思います。しかし、その分得られるものが大きいのも事実です。
お客様に何を提供したいかなども書きます。これは商売上の原点とも言えるかと思います。

従業員に対してどのような経営者でいるのかも自分に約束しましょう。これは仕事の現場とは理想通りには中々いかないものです。理不尽なことから矛盾なことまで沢山あります。その中で仲間である従業員とどんな約束をするのかですが高望みはしなくていいかと思います。「給料はどんな時でも必ず期日に支払う」など自分と従業員の間に確固たる約束のパイプみたいなものを作っておきます。

世の中に対して何を提供したいかも明確にしときます。
これは事業理念です。あなたの会社の存在意義が世の中に試されるのです。狭い視野ではなく大きな視野で考えてみましょう。

最後はこれらを実現させるためには何が必要かを書き留めます。
ここは実践につながっていきます。想いだけでは実現ができないのです。行動に移って結果がでてきます。行動するためには何が必要なのかを考え、また相談することも行動の一つなのです。

皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe