社長ブログCEO
2016.12.05
代表ブログ

『飲食店経営における アルバイトを辞めさせない秘訣』株式会社フードナビ

各店舗においてアルバイトは大きな戦力となっているところが多いかと思います。
学生によるフレッシュで元気なアルバイト店員や子育てや主婦業とWワークでこなすママさんアルバイト店員などスキルの高いアルバイト店員がいる店舗は人材スキルの底上げとしてレベルの高い店舗経営が想像できます。
しかし、優秀なアルバイトを抱えている問題点として辞めてしまうことが挙げられます。
これは本人の個人的な都合である、学生なら卒業や就職活動やママさんなら旦那様の転勤による辞職が考えられますが、それ以外にも店舗の仕組みによって辞めてしまうことが多いのです。
優秀なアルバイトを確保するためのポイントをまとめてみます。
まずは面接での取り組みを見直します。確かに人手が少ないとウェルカム状態になるところを長期的な目線で見極めることもしていきます。面接官である経営者やオーナー様は適切な人物評価をすることに心がけます。とりあえず採用は長続きしないので手間がかかるだけです。
次に全てのアルバイトに対して、あたり前ですが公平に接することが大切です。長い期間働いているから特別扱いはいらないのです。また名前を呼ぶときも皆と同じ呼び方で呼ぶことで良い人間関係を作っていくことにつながります。
社員さんにも協力してもらいます。社員さんにとったらアルバイトの力は自分の仕事のフォロー役として大切なパートナーです。業務を円滑にしていく為には必要不可欠の力であることを認めて、こちらからも積極的に声を掛けることをお願いしましょう。
ある程度、力が付いてきたアルバイト店員には権限委譲することも必要です。普段は仕事を指示して動かせてきましたが、仕事を任せることで自分に自信をつけて仕事の面白みを感じてもらうことも辞めさせない大きな秘訣になります。アルバイト店員が勝手に責任を持ってくれたら成功です。ここでの注意点は責任を押し付けられたら嫌がります。自分から責任を持つことで努力や工夫が生まれます。アルバイトの皆さんが自分本位となって仕事に打ち込んだら素晴らしいチームは必ず生まれます。
最後にアルバイトの評価を定期的に行います。自分の頑張りがわかるものは言葉でも報告書でもなくお金です。働いている以上、賃金が自分の仕事に対しての評価基準となります。
ここでの評価は経営者やオーナーさんの独断となります。活かすも殺すもあなた次第の評価方法が大切となります。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe