社長ブログCEO
2016.09.23
代表ブログ

『飲食店経営における マーケティング5P分析』株式会社フードナビ

飲食店経営で使われるマーケティング手法に5P分析があります。
この5Pとは製品であるProduct,価格のPrice,流通のPlace,客層のPeople,販売促進のPromotionになります。
このマーケティングツールを使って標的とする顧客に受け入れられる組み合わせを検討します。
製品に関して分析すると、まずは飲食店の形態を確認します。カフェ、居酒屋、レストランなどがあります。次に提供する料理がイタリアン、中華、和食、アメリカンスタイルなどがあります。サービスの質なども項目にあります。セルフサービス、全個室、立ち飲みなのかです。もっと詳しくするとボリューム面やヘルシー志向、限定食なのかも分析データに入ります。
製品のテーマは顧客価値です。お客様の満足度を上げるための商品やサービスを開発する活動が必要とされます。対応スピードからオリジナリティの部分まで求められます。

次に価格ですが、下は500円から上は5000円ぐらいまでが相場と考えます。近隣競合店の価格に対し競争力を持つかなども考案する一つです。利益率の問題や客層に合わせたプライス設定のなっているかが分析されます。
価格のテーマは顧客コストです。顧客との価格を設定する活動が中心になります。提供する料理やサービスが適正であるかの判断も必要となります。

流通面ですが家賃に見合う集客できている場所かが大きな分析点になります。また郊外型やドライブスルー、駅前立地、一階店舗か2階店舗、目立つ場所なのかも分析されます。
流通面のテーマは利便性です。顧客に料理やサービスを円滑に提供できるかも必要とされます。

客層では子供連れか単身か、年齢層はいくつぐらいか、子供、学生。社会人、ファミリーな
のか、高所得者か低所得者なども調べます。
客層のテーマは顧客対象です。ターゲットとなる客層の絞り込みが重要になります。

そして、販売促進に入りますが店舗の告知方法にはチラシやインターネット、無料誌、タウン誌などがあります。一見客の取り組み方法やリピーターを増やす方法などが求められます。
販売促進のテーマはコミュニケ—ションです。顧客に対して店舗の存在をいかに効率的で効果的に伝えられるかがポイントになります。
お客様の数を伸ばすためにはどのような販売促進活動を推し進めていくかが大事です。
大手でも、このマーケティング部門の強化が会社の将来を左右されていきます。強い企業になるには強いマーケティングが必要となります。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe