社長ブログCEO
2016.09.21
代表ブログ

『飲食店経営における ランチェスター戦略』株式会社フードナビ

店舗経営における売上戦略は大事な部分です。

ランチェスター戦略とは必勝の販売方法として経営コンサルタントから会社内の販売戦略チームまで多く利用されています。
そんな理にかなった戦略方法を解明させていきます。

ランチェスター戦略には第1と第2の法則に分れます。
第1の法則は一点集中化で差別化戦略になります。戦い方としたら
一騎打ち戦で流通戦略は接近戦のイメージです。

第2の法則は物量戦でミート戦略とも呼ばれています。顧客戦略に確立戦で挑み範囲は遠隔戦を得意とさせます。

まず、この2つの法則の違いを理解してランチェスター戦略を利用することです。
全ての飲食店に対して結果が出る法則や方法は一つだけではないことです。
自分の店に立地や環境などによって戦局を有利に持って行く戦い方を経営者は選択しなければならないのです。
小さな店が大きなチェーン店と同じ広範囲にチラシを折り込む、無料雑誌に広告を出す、アルバイト募集に多大な経費を使うことは大きな間違いです。

小さい店舗の戦い方として戦う地域の選定が大事です。戦場で言えば局地戦型の地域で戦うことでコストやリスクを冒さずにコツコツと勝ち続けることができます。
また強者と呼ばれる大手のチェーン店には、まともに戦いを挑めば跳ね返されるので強者の死角を狙う戦術や戦略を心がけることが必要です。
戦い方は一騎打ち、一人のお客様をしっかり育て、ヘビーユーザーやファンにしてしまうことを念等に商売をしていくことです。
一点集中が鍵となります。最初は小さな点でも点が集まれば大きな点になります。時間はかかりますが慌てずに土地に足をしっかりつけて勝負しましょう。

戦い方にはもう一つ重要な点があります。それが差別化です。
ここで言う差別化とは競合店で大手チェーン店である強者に対する差別化、先発競合店に対する差別化、位が上位の企業に足しての差別化を意味します。
つまり、ここでしか食べられない料理や味、今でしか食べられない料理、経験などを表します。
そうなるとターゲット層の絞り込みは必要不可欠になります。
誰に、何を、どのくらい食べさせることでお客様の満足度を上げていくことが大切です。
戦略とは星の数ほどあります。与えられた場所、時間を有効活用させて、より効果的に店舗の発展が望まれます。
ランチェスター戦略を利用して自店の戦略の見直しを計ってみましょう。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe