社長ブログCEO
2017.02.08
代表ブログ

『飲食店経営における 他店の視察とセミナー参加』株式会社フードナビ

経営者には勉強熱心の方が多いイメージがあります。それはそのはず、自分の明日の飯代は自分で稼いでいかなければ誰も助けてくれないです。自分の為に1つでも役に立てることがあるのなら真剣に聞こうとします。経営者というより経営する人間なら誰しもそうです。そうでなければ経営という大変な志事をしようとは思わないです。

しかし、経営する前や経営した後ぐらいまでは積極的にセミナーや他店の視察に出向いていましたが、ここ最近はあまり参加されていない方も多いはずです。飲食店は休みの日も少なく朝から晩まで営業していますから時間を作って自己投資をしている方は少ないと思います。
日々の忙しさで謀殺されてくると先行きは勿論のこと足元すら見失うことがあるのがこの業界です。行けない理由は沢山あります。時間がない、お金がない、人がいない、興味がないなど自己投資セミナーは絶対に行くべきとは常に言わないですが、定期的に参加して心も頭もブラッシュアップさせることが店の経営の為にもなるかと思います。
実際に儲かっている店主と儲かっていない店主のセミナー参加と他店への視察回数を比較してみると2倍ぐらいの差で儲かっている店主の方が積極的に参加されています。
確かに経営が順調であれば無理に営業時間を引き伸ばすことも無く、利益を出すための人やモノなどへの作業工程も不要となります。要するに時間を作ることができるのです。
経営者にとつて命より大事なものと言っても過言でないのが時間です。
この時間だけはどんな人にも平等に振り分けられている資産です。
その時間を有効的に効果的に使ったものが時を制すると言っておきます。

このように黒字を出している店舗は個人投資や他店視察などにとても熱心で積極的に参加される傾向があります。このあたりが黒字の店舗は好調を維持していき赤字の店舗は更に経営が悪化していくことにつながります。
自己投資セミナーの種類も沢山あります。今の自分にとって必要とされるセミナーを選んで参加することが大事です。特に経営者は時間に限られています。あらゆる方向からの
セミナーというより一つに特化したセミナーをカリキュラムかプロジェクトで計画した方が得るものは大きいと思います。良かったセミナーは幾つでもあります。しかし、本当に自分にとって経営者ライフのポイントとなる最高のセミナーを探しだすことも必要です。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe