社長ブログCEO
2017.03.09
代表ブログ

『飲食店経営における 初心者でも成功する飲食店経営』株式会社フードナビ

自分が飲食店を経営するにあたって、どんな店にしたいかを考えると思います。できればチェーン店より独自の色を持ったオリジナルの店舗の方がやりがいはあります。

しかし、店の生存が厳しいと言われている飲食店業界で数年を生き抜いていくのも厳しい時代です。採算が計算できて、ある程度バックアップしてくれるチェーン店の方が今の時代に適しているかと思います。しかし、同じ金額を支払ってスタートさせるのであれば多少のリスクを背負っても個人店で勝負したいものです。ましてや個人店でも頑張っている個人経営者は沢山います。自分で開拓して自分で資金を集めて、自分で店を切り盛りすることで経営者の力も養われていきます。そんな強くて人気のある店の特徴としてお店の方向性が明確に決まっていることが挙げられます。方向が決まっているなら迷いも振り返りもなく、ただ進むだけになりますから大きな力は勢いと共にまっすぐ進んで行きます。その強い気持ちが周りを巻き込むことができる必要な要素を生み出せるのです。
その方向性と同じく店を支えるのが経営戦略です。お店の目的を達成するために経営戦略が存在するのです。しかも経営戦略は長期的なものが求められます。店舗も短期だけで稼ごうという事ではなく利益を出し続けることで店舗を継続維持させることができるのです。
お店の目的を達成する仕組み作りができるかで店の運命が決まってきます。ただ単に沢山のお客様が来て飲食をしてくれれば終わりというわけではないのです。
店にとって大事とされるコンセプトがあります。これに対しても達成できているかなどを検証する必要があります。お客様から出る多少の不満からでも改善の糸口は見つかります。
常に前向きな気持ちで現場に入ることが必要です。
そして、店として何を提供していくことは難しいところです。どんな料理を提供していき、どんな価値を与えることでお客様の心に深い印象をつけさせることができるのかは悩みどころでしょう。
最後に競争優位についての構築です。簡単に言えば差別化において他店より優位に営業を進めていくことです。市場は限られたお客様を取り合うことも現実に起きます。
その競争に負ければ、2度と浮き上がることなく廃業していく店舗も数多くあります。他店ばかりを見ていれば自分の店舗を見失うことにもつながりますが意識だけでも持って経営戦略に打ち込むことをオススメします。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe