社長ブログCEO
2017.03.15
代表ブログ

『飲食店経営における 名刺の作成』株式会社フードナビ

飲食店の経営者は店の運営だけが仕事の業務ではないです。店の将来を担った先々の計画を立てることは必然です。

今の時代、繁盛店と呼ばれている店舗も1年後、2年後の経営の安泰は望めない状況です。
日々の経営でいつも次の手を考えていなければ不況などの外部の影響に飲み込まれてしまいます。
この飲食店ビジネスは人と食をつなげるビジネスになります。美味しい料理をお客様に提供してサービスや店の雰囲気、空間、時間などの付加価値をプラスアルファで付けることで顧客満足度を上げていきます。また時代背景も大きな要素を含んでいます。お客様の年代層に合わせた料理内容や地域の貢献度をどれだけ上げかるかで存在意義があるかと思います。

これからの飲食店ビジネスにおいて必要なのは情報です。個人もそうですか格差社会が近づいています。情報を取れても情報の質が違ってきています。
飲食店が次に生き残る為の情報をどのように掴んでいくかが経営者にも求められます。
そこで初歩的な情報を取るためのツールとして名刺の作成をピックアップします。
経営者の方は名刺を作っていますか?という質問をするのは愚行かもしれないですか、意外に作っていない方もいるのです。また名刺は持っているが、さほど使っていないせいか、ありきたりの名刺で済ましている方も多いかと思います。
名刺はビジネスにおいて重要なアイテムです。名刺に対しての意識を少し上げるだけで人との関わり合いも変わってくるのです。
名刺作成などをネットで調べると様々なものがあります。飲食店を経営しているなら店が何の業種をやっているかが分かる名刺にすると良いと思いますが、逆に何をやっているか分からない方がビジネスの幅を広げることにつながる可能性もあります。
飲食業界での人脈を広げることは業界の情報に最先端で関わることができますが異業種の方と関われば飲食を第3の目線で判断することができるようになります。また、他業種で成功している案件を飲食業でチャレンジすることができます。飲食業界に新しい風を吹かせることができます。
結果的には名刺の作成については、2種類の名刺を持っておくことで幅広い人脈と情報を得ることができます。2種類の名刺を使いこなせる経営者になれば先々の計画は無数に浮かんできます。ただし、注意する点として新たな事業などを起業するときは慎重に判断しましょう。人脈が増えることで誘惑も増えます。
皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe