社長ブログCEO
2016.10.27
代表ブログ

『飲食店経営における 競争力について』株式会社フードナビ

飲食店を成功させるために必要なものが「競争力」です。
この競争力は他人と比べるだけではなく、自分との戦いもあり競争する中で相手がいればお互いを意識させて常に全力を尽くす考え方です。
競争社会の世の中で、あまり良いイメージが無いかと思われがちですが、この競争意識があるからこそ人は成長していくことを忘れないでほしいです。
競争は成功するためのファクターとも言われています。競争には誰しもが負けたくないですが、単なる負けず嫌いではなく競争力を上げるために知恵を絞ることにつながり戦略的に物事を考える力が付いてきます。
競争に勝ちたいと気持ちが新たなアイデアや工夫を生み出し店舗経営を革新的にさせていきます。
まず自分自身に負けない為にも目標を設定することをします。
自分の立てた目標があるならば、それに対して何をしていくのか、何が必要なのかが分かってきます。時間もお金も必要となりますのでどうすればそれが捻出できるかを真剣に考えることにもつながります。
自分の規律も正しておきます。これは自分へのルールを決めることです。どうしても人間はズルをしたり手を抜いてさぼったりします。そうなるとだらけた環境になってきますので自分とのルール決めを徹底させます。
過去の自分に対しても一度認めましょう。過去を振り返れば自分の弱点や生き方を悔い改めることができます。将来を良くするために一度、過去の自分に足りないことや癖、失敗するときのパターンなどを分析してみます。何かヒントが見つかる可能性が大きいです。
次に自分が勝つために何が必要かノートに書き出してみます。
特に時間管理面では大きな改革が必要となります。業を成し遂げるには普通の人と同じ時間スケジュールでは何もできないです。時間は皆に平等な時間しか与えられないので時間を管理することで無駄な時間をまず無くすことと時間を見つける作業をします。時間に対しての考え方を180度変えてしまうぐらいの気持ちでいきましょう。
その中で優先順位が変わってきます。成功する人の大きな特徴は優先順位が分かっていることです。限られた時間で何をすれば一番パフォーマンスが大きいかを瞬時に理解できるのです。
そして予算管理の面も改革が必要です。歳が若ければ若いほど誘惑も多く、ぶれることも多いかと思います。お金は何かを成し遂げるためのツールです。お金を上手に使えば更にお金を沢山引き寄せることもできます。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe