社長ブログCEO
2016.11.24
代表ブログ

『飲食店経営における 管理職コーチング』株式会社フードナビ

一時「コーチング」という言葉が少し流行った時代もあります。
コーチングの定義は対話によって部下の能力を最大限に引き出す能力と言われています。
飲食店で管理職と言えば店長にあたりますが、その店長が部下である従業員やアルバイト
に対して個々の力が発揮できチームとしても大きな力が生まれる組織を作らなければならないのです。
そこで研修や勉強会、懇談会や会話を通して部下を教育していきますが、その中で使えるのがPDCAサイクルです。このPDCAサイクルは部下に考える力を身に付けさせることができますので、店舗営業で起こり得るトラブル回避や目標達成に大きな力を与えることができます。
まずはプランである目標や仮説を立てます。ここでの仮設はこうなった場合やこうなったら、こうなる為にはなど今の力を分析して自分達に何ができるのか?どこまでできるのかの仮設を立てていきます。あらゆる角度から可能性を高めて意見を出させましょう。この積み重ねが業務のヒントやアイデアを生むことにつながります。
次に行動を起こします。考えばかりでは何も得ることもできないです。失敗をする為の行動も一つのステップです。仮設で立てた事は全て実践させることを徹底させます。
行動を起こせば必ず何かが起きます。それに対して検証、分析することで本当の答えが導き出されることもあります。根気よく実践をこなしていくことが大事です。
この部分がもうチェックに入ります。事実取集となって、あらゆるデータが拾えます。このデータがとても重要となり今後の戦略や戦術に大きく影響をもたらします。
そしてアクションを起こすことで工夫や新しいやり方などが実践されるわけです。これが結果を出すためのサイクルです。
コーチングは信頼に基づく関係をまず作ります。1対1の会話から双方向もコミュニケーションを高めて継続させることで信頼を気づきあげます。そして更に聴く作業と質問する作業を徹底的に行うことで本質に迫ります。そして、その中で気づきが生まれることで成果を出す行動を自らが導きだすことができるのです。
今まで皆さんが経験した成功体験があります。受験に合格したことや就職が決まったことなど人生の成功体験があります。この成功も偶然ではなく必然の成功なのです。成功はある日突然、空から降ってはこないのです。店舗経営の成功に対しても偶然などはありえなく全て必然となっているのです。

皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe