社長ブログCEO
2017.01.24
代表ブログ

『飲食店経営における 経営者の悩みどころとは』株式会社フードナビ

飲食店経営をしていると悩みは絶えないです。売上、料理、食材から人材、店舗の修繕まであらゆる問題が圧し掛かってきます。

その中で飲食店オーナーが一番の悩みや課題としているのが人材、メニュー、サービスになります。
人材での悩みは人材確保が大きな課題となります。人の流動が激しいと言われる飲食店業界です。その中で優秀な人材を確保するには何かしらの工夫や仕掛けなども必要となります。
給与面だけではなく仕事のやりがいという部分もしっかり提案していかないと人は離れていくばかりです。それは従業員だけではなくお客様でも同じです。店自体を活性化させれば人が離れていくことは少なくなります。また人材確保と同じように人材教育も重要な作業です。この教育関係は外部からのコンサルティングの力をどうしても借りてしまいますが、どのコンサルティングを選ぶのかも大事な選択です。優秀なコンサルタントは沢山います。
しかし、店にとって優秀なコンサルタントより現状の店を把握できるコンサルタントが重要視されます。
そして、部分だけでのコンサルタントではなくゴールまでの間をフォローさせる長期的なコンサルタントスタイルが今の飲食店では望まれています。
人材教育が上手く機能すれば接客サービスの向上にもつながります。これは教える方と教えられる方の温度差が関係してきます。高いコンサルタント料を払ったとしても教えられる側の準備ができてなければ意味がないです。まずは現場の空気と雰囲気を感じ取れるコンサルタント必要性があります。
次にメニューですが、今はインターネットでもモノは簡単に購入ができますし、飲食店が求めるものは「ここでしか食べられない料理」です。いかにして他との差別化を計る部分では料理メニューが占める部分は大きいです。それではどんな料理コンセプトで勝負をすればよいでしょうか?
変わらない昔の味、話題に乗った料理、誰もが知っている料理に斬新なアイデア、何かに特化したモノ、どれで勝負するかは経営者の好き嫌いや商売としての先見性によって変わってきます。正解という答えはないものと考えて、大事なのは常に前を見る姿勢にかかってきます。世の中には幾つかの成功哲学があります。それらをすべて実践しても必ず成功できる保証はないです。しかし、その前向きな姿勢や気持ちが人を動かし、運命も変えていくのです。少し精神論になりますが飲食店経営は人と人との商売です。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe