社長ブログCEO
2016.12.15
代表ブログ

『飲食店経営における 飲食店の成功要因』株式会社フードナビ

飲食店で成功させるためには何が必要かを考えたときに昔からある成功要因を基準に考えます。しかし、これだけ時代に大きな変化が起きているわけですから過去の成功要因も通用しなくなってきているのではないかと疑問を持ちます。

今回は現代のそしてこれからの飲食業の成功要因を検討します。

新しい成功要因にモチベーションマーケティングというものがあります。マーケティングの重要性は店を開業するにあたって地域の商圏内人口から世帯内容、競合店などを徹底的に調べて売上を予測することで出店するかを精査します。便利な世の中になったので数字の計算は全てパソコンが行ってくれます。
しかし、これを判断材料の大半にしてしまうと大変なことになります。これからのマーケティングは見極めが重要となります。何を見極めるかと言うと数字では表せない潜在的に埋もれている消費者のモチベーションの事です。このモチベーションは残念ながらパソコンの数字だけでは引き出せないです。そのモチベーションに気づき、引きだすための効果的アプローチを考えるのは人間の仕事なのです。
今後のマーケティングは今までどおりの外部環境と消費者の心理、そして潜在的なモチベーションを探し出すことに尽きるかと思います。
そうなると開業までには時間を要します。それでもモチベーションの発掘はその店舗に長期的な繁栄と他社に真似できないオリジナリティの確立が提供させます。経営者としての貴方の目線が店舗の将来を作るのです。
これと同時にコンセプト樹立と業態開発も進めていきます。コンセプトの重要性は理解されているかと思いますが、行動するときは力を入れずに肩の力を抜いて行動してほしいです。何故ならコンセプトの作業自体はシンプルだからです。
コンセプトとはマクロと呼ばれる外部環境や消費動向、同業の傾向からミクロとは外部環境を分析したものへの仮設になります。この仮説を一つずつ検証していく作業になります。
そうなるとコンセプトは変更になっても構わないことになります。ただし、気をつける点として決定したコンセプトは絶対にぶれないことを徹底させましょう。ここがぶれてしますと全ての判断基準がぶれていきます。そうなれば業態開発もぶれていきますので決めたことは一度貫きましょう。ビジネスにおいて曖昧さは命取りになります。
経営者の本業は判断業と呼ばれています。あなたの決断力が全てに影響を与えます。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe