ニュースNEWS
2015.09.02
ニュース

『飲食店経営における営業力とは』株式会社 フードナビ

営業力というと昔の感覚でいけば売り込む力をイメージします。私も営業マン時代がありましたが、よく売るセールスマンは売り込む力が長けている人だった記憶があります。

しかし時代が変わり今の営業力とは、売り込む力ではなく、お客様のニーズが高ぶった時に自分の店やサービス、商品を思い出してもらう仕組み作りが必要となります。

確かに売り込んでも売れないですし、よい商品でも売れない、説得しても買ってくれない商品供給過多の時代ですから難しいです。
またお客様も無数にある店から選ばないといけない時代になっています。何が自分にとって本当に必要なのかも薄れてきます。

そんな中でお客様が必要となって自分の店に現れるにはどうしたらよいでしょう?
それにはある手法があります。それがマーケティングです。

自分の店をもっと繁盛させたいというのが飲食店経営者の大体の望みだと思いますが、繁盛店とはどんな店なのかを考えてみましょう。
基本的には今月のリピーター数が先月のリピーター数を上回っていたら、その店舗は繁盛店と言ってもよいかと思います。

では繁盛店になるためには何をするかと言うと一つは新規顧客を増やすこと、もう一つは失客を防ぐことになります。
この2つのポイントをクリアするためには店舗経営における戦術と戦略の使い分けが必要となります。

こんな言葉があります。
「戦略は優先順位であり、戦術は目にはみえるが、戦略は目には見えない」ある衰退店が繁盛店の成功するノウハウを研究して同じように仕掛けてみたところ結果は思った以上の成果は得られなかったみたいです。

これは同じやり方でもやる順番が違うと結果が大きく変わってくることになります。
経営者は、まずはどのように集客するかを考えます。
しかし、その後に実施する順番を間違えてしまうことで結果が思うようにいかないのです。

詳しく教えますとお客様を呼ぶ前にお客様に満足して頂けるサービス、料理、店などを構築した上で新規顧客に力を入れる、この順番を守ることです。

新規の顧客を捕まえるのはお金と時間もかかります。
それを続けていたら経営は先細っていくのは目に見えています。目線は遠く先の方なのですが、しっかりとした土台を築くことも忘れずにいることです。

リピーターのお客様を扱うのも大変な部分があります。前回と同じような満足度を求めてくる方やそれ以上のサービスを求めてくるリピーターもいます。
前回のデータなどを管理して顧客満足度を上げることが繁盛店への近道となります。

皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe