社長ブログCEO
2015.11.03
代表ブログ

『飲食店経営における成功ポイント 居酒屋編』株式会社 フードナビ

飲食店を開業するにあたって居酒屋などは人気の業種とも言えますが、
近年における飲酒運転の取り締まりから業界自体は売上が下降方面に向いてきています。

しかし、一般庶民としたらみんなで寄り集まれる場所として人気が高い飲食店です。
仕事や会議、趣味などの打ち上げで集まる場所、仲間同士が気兼ねなく集まれる場所、
上司や友人などと酒を酌み返しながら、その時間をゆっくり堪能したい方など沢山のユーザーはいます。

居酒屋の場所は一般的には駅前近くが増えてきましたので、飲酒した後は公共交通機関を使って帰れる場所が必須条件と言えるでしょう。
集客のポイントを上げる為には商品の明確さが必要です。
ドリンクメニューはさほど他店と差別化はできませんが料理の方ではオリジナリティを出せるかと思います。

居酒屋自体がノンジャンルの分野に入ってくるので、
概念を抱かない様に独特のアイデアで斬新なメニューを作ってみましょう。

価格帯にしても一人2000円ぐらい相場だったと思いますが、
料理の幅広さやクオリティの高さで3000円から4000円台まで使っても高いというイメージは感じられないです。

さて、その商品や料理に対しては集客を目的にしたものと利益を取ることを目的にしたものがあります。
集客料理は話題性や低価格を全面に出してお客様に認知して頂けるような設定が必要です。
利益商品は希少性や旬なものなどで魅力を高め、これだったらお金を出して良いという料理設定をしてみましょう。

このように料理構成を整えて、まとめることで管理も今後の販促も打ちやすくなります。
居酒屋業態での一番に収入が取れるのが宴会需要です。

今の時期ですと忘年会のシーズンがやってきます。
年が明ければ新年会があり、1年のイベント行時に合わせたものや、
会社や学校での行事に合わせて宴会などが組まれます。
ここで大事なのは宴会の内容をどのように設定するかです。
一人いくらでご提供なのか、時間帯で区切るプランなのかを慎重に決める必要があります。
これはまわりの競合他社との状況にもよります。

居酒屋での売上を伸ばすのであればドリンクなどが多くでれば利益も高く手間もかからないです。
料理に味付けの濃い鵜ものや辛いものを多くしてドリンクの消費を増やそうと考えたりもしますが、
実は甘味を添加するほうがアルコールを脳が欲しがるみたいです。

このように居酒屋業態は料理の工夫、店内、スタッフの演出などで魅力ある飲食店にすることが可能です。

皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe