2015.09.07

『飲食店経営における経営者の悩み』株式会社 フードナビ

飲食店に限ったことではないが経営者とは悩みが多いものです。

日々の売上から資金繰りや人事などやることは多いのに悩みが解決しないから問題が解決していかないのもあります。また経営者は孤独とも言えます。
全て自分で動かせることができ仕事内容は満足いきますが何事も孤独に対処していかないといけないということです。

さて、飲食経営者の一番大きな悩みが赤字決算に対する悩みです。
経営が赤字になると銀行からの融資に影響がでて経営がしにくくなり、赤字が膨れると店が破たんする恐れもでてきます。そうならない為に具体的な経営対策が必要となります。

まず第1に粗利と固定費のバランスを見直します。
実は、収支のバランスを見る時に見直す大事なポイントは固定費なのです。この固定費は必ず毎月引かれるもので、ここを改善すると年間で大きな金額を節約できます。
しかも自動的に毎月の収支を楽にすることができます。

粗利を出したいのはどこも一緒です。そして商売の儲けとは稼ぐまでに時間もかかります。まずやれることを確実にしていくことです。

次にビジネスモデルが時代に合っているかの検証が必要です。
いくら努力してもやり方や考え方が違っていたら成果はでないでしょう。特に資本主義社会では強い企業が勝ち残っていくのです。その為には時代を味方にすることです。
これは経営者のセンスも必要となりますが大きく占めるのは経営者の気持ちです。
「なんとかしたい」という気持ちがあれば必ず情報や運などを引き寄せることができます。

そして売上を伸ばしていくことも大事だが経費を抑えることに執念を燃やして頂きたいのです。これは固定費と一緒でこの時代、売上も簡単にできるわけじゃないです。
そうなると店を守るためにできることは電気代や材料費、人件費などを店の経営状況に合わせた設定にすることです。
ここは一人でやれることはして専門家にアドバイスをもらうこともオススメします。

最後は経営者の士気を高める工夫をしましょう。冒頭に書きましたが経営者は孤独です。
調子がいい時に人は集まってきますが、いざ赤字などで調子が悪くなると人がよってこなくなります。そのつらい時に負けない為にも日々、士気を高めておく事が大切です。
どういうことかと言うと何故、自分が経営に携わっているかの理由を忘れないことです。
飲食店を経営するには大事なポイントは沢山ありますが、この「やる理由」があなたを最後まで支えることでしょう。ここを磨きましょう。
皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe