ニュースNEWS
2015.09.15
ニュース

『飲食店経営における販売促進』株式会社 フードナビ

開業までの準備に追われて内装やメニューなど思った通りの店舗が出来上がったら終わりではないです。これからが大変というか、お店を繁盛店にさせていくのには苦労が続きます。

自分の趣味で開いた店ならまだしも自分の店で生計をたてなくてはならないのなら売上を毎月しっかり上げなければならないのです。
お客さんも勝手に店に来てくれるわけではないので販売促進にも力を入れていきましょう。

さて販売促進といってもオープンチラシを配ったとか割引券を配布したなど闇雲にやっても効果は得られなのです。物や店舗が溢れかえっている時代なのですべて埋もれてしまいお客さんに認知されるのが極めて少ないのです。

これでは数か月後には売上が頭打ちになってしまいます。
そこで大事なのは店舗の基本コンセプトを踏まえ戦略的に販売促進を展開していく必要があります。販促を打つ時もPDCAサイクルを使い誰に何を提供するかを明確にさせます。

例えば昼の11時30分からのランチタイムに限定ランチを出します。
数を限定させるのかターゲットを限定するのかをはっきりさせます。そしてママさん限定なら今の主婦層の昼間ランチに使える金額を調査して値段を設定、内容は主婦の中で流行な食材やメニューをチョイスします。
嬉しいドリンクとケーキ付などをオプションで付けても面白いと思います。

そして大事なのは検証することです。これが販売促進の肝となります。
計画を立てて実行してみる。そしてチェックして改善してみるという仕組みを作っていきましょう。これが経営の羅針盤となって店が向かう目的までの道筋を照らしてくれます。
販売促進で下手な鉄砲数打ちゃあたる的な考えでは無駄なコストだけが発生します。それならしないほうがマシという結果になりますのでコンセプトに基づいた戦略を立てることです。

ちなみに広告宣伝の意図とはどんなものかと言うと、一つは開業に伴って全て新しいお客さんの獲得を狙う新規顧客獲得や一度来ていただいたお客さんにDMなどを利用したリピーター獲得、回転数を伸ばしたい、いつも来てくれるお客さんだけの特別価格や特典を付けた常連の来店頻度数アップが考えられます。

一度来てくれたお客さんに次回に使える効果的なクーポンなどを渡してあげれば来店する可能性は高くなりますが普通の割引券では魅力を感じられずそのままゴミと一緒に捨てられてしまいます。お店側としたら、また来てくれるための工夫が必要となります。
お客さんが飽きない企画や店づくりを続けることが大切です。

皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe