ニュースNEWS
2015.09.25
ニュース

『飲食店経営を考える』 株式会社 フードナビ

あなたは何故?飲食店の経営者を選んだのでしょう。
今回は飲食店の経営者の根本的なところに入っていきます。

自分の店を出すことは大なり小なり難しいことでもあります。更にそれを継続させることは容易なことではないです。ましてや飲食店業界は入れ替わりも激しく流行り廃りも早い、その中で生きぬいていく店舗はデータによると1年間で半分近くの店舗がシャッターを閉めています。
その狭き門でもあり、毎日が戦いの日々を好んで選ばれた経営者はどんな考え方を持っているのでしょう。

人の生き方で例えれば普通にサラリーマンをやって会社の看板を使い、会社の保障にも助けられている人生でも楽ではないが経営者よりかは気持ちが楽な感じがします。
経営者は全ての責任を持ち、あらゆる事を自分で動かしています。自分の時間や遊ぶ時間もほぼ無いでしょう。

それでも、経営者をしたいという気持ちの強さがどんな苦境にも打ち勝つと思います。
どんな大きな国や企業でもピンチの時はあり、ずっと安泰とは限らないです。
我慢の連続かもしれないですし、築きあげたものが1日で崩壊するときもあります。そんな時には強いハートと願望を持ちましょう。

そして経営者として大事なことの一つに店のコンセプトを固めることがあります。
このコンセプトが非常に大事で、物やサービスが溢れている世の中では普通の事をやっても成果は出にくいです。
他店とは何か違うコンセプトを見つけ出し、そこにお金や人、サービスを集中させていくのです。

そして一度決めたらぶれないことです。
やっぱりぶれる人とは、何か違うことをやりだしたり、開店1年未満でコロコロ内容を変える経営者では先が思いやられます。

でも難しいと言われる飲食店経営も長所があります。
普通の小売店と違って価格競争になりにくい点が挙げられます。これは商品を差別化しやすい点があります。
例えば同じサラダでも当館特製のサラダで販売すれば他店と比較はしにくいです。また味や店の雰囲気を気に入ってくれたら固定客になり易いです。
固定客の有難さは、こちらから何か仕掛けなくてもお客さんの方から出向いて頂けるところです。

そして万引きなどが無いところも大きなメリットです。
商品の利益率を見ても小売りよりもかなり大きな利益率で商売できるところです。利益率が大きいということは経営効率が高く商売がしやすいことにもつながります。

このように難しい反面、美味しいところもある商売なので店のコンセプトをしっかり決めてファンを作る作業を続ければ後に成果は出てきます。
皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe