社長ブログCEO
2016.10.25
代表ブログ

 『飲食店経営における 成功者の行動規範』株式会社フードナビ

飲食店経営において、成功者になる為に必要なものは創造性です。
創造力が豊かな人は事業に成功しやすく、
商品や料理に活用できれば、ヒット商品として店の売上の数十年間を1アイテムの力で支えることができるぐらい強力な力です。

創造性といえば「他人が考えたことがないものを生み出す」ことですが完璧な創造ではなく、何かと何かを足したものでも魅力ある料理になります。
例えば名古屋で言うと、あんかけスパゲッティや味噌カツ、味噌煮込みうどん、天むすなどがあります。
また名古屋で忘れてはいけない台湾ラーメンもあります。中華料理の味仙の台湾ラーメンは固定客やファンが沢山います。この味仙の台湾ラーメンを食べたくて東海三県の至るところから食べにきます。
この台湾ラーメンが流行っている理由は「時々食べたくなる」ことです。決して毎日食べたいわけではなく、ふと思い出したときに食べにいきたくなる料理を持っている店は繁盛店になれます。
要するにクオリティがそんなに高いわけではないが、ここでしか食べればない料理を作れば勝てるのです。
このような料理に近いもので「ご当地グルメ」があります。全国津々浦々まで地元の特産物を使った、こだわりの料理が沢山あります。
北海道からはスープカレー、帯広の豚丼、新潟県の魚沼産こしひかりご飯、埼玉県のなます丼、神奈川県の海軍カレー、福井県のソースかつ丼、長野県の栗おこわ、兵庫県のそばめし、和歌山県のめはり寿司、長崎県のトルコライス、沖縄県のタコライスなど日本全国には沢山のご当地グルメが存在します。
これらを利用すれば確かに「ここでしか食べられない料理」になりますが、時代の変化は激しく動いています。ご当地グルメだけでは予想した売上には届かないことが出てきます。それは環境の変化やブームが過ぎさっている、競合する店舗が近くにあり過ぎるなどが原因であります。
そうなるとプラスアルファの発想でご当地グルメと何かをコラボレーションする必要があります。
ご当地グルメで勝負するなら、まずは地元をもっと知ることに尽きます。今の料理に一番合うもので足りていないものや補えるものを独自に探す努力が求められます。
この探す作業は大変なことですが、その分ネットワークが広がることで、いろんな情報を得ることもできますし、自分の店も広告PRすることもできます。
商売の基本でもありますが自分の足で稼いでなんぼの世界です。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe