社長ブログCEO
2016.10.17
代表ブログ

 『飲食店経営における 管理職の時間管理』株式会社フードナビ

時間管理の業務は管理職では必須とも言われています。時間は誰しもが与えられた財産の一つです。ですから時間の使い方によって仕事の生産性にしても大きく変わってきます。
この時間の大切さを身に染みることで一つのアクションから仕事の先読みを真剣に考えて集中させることで成果を出していくことができるのです。
業務に対しての言いわけで一番多いのが「時間がない」です。これは時間がないのではなく時間をつくることができない考え方です。与えられた業務の中から時間を生み出せる方法は必ずあります。そこを探し出すことが今の仕事で求められる大きな成果だと思います。

時間管理について最初にやることは時間の棚卸です。1日の仕事スケジュールを書き出していきます。エクセルの表などを利用して1日、自分が何をしているかを書き出していきます。この作業は無駄を省くことによって大きく生産性をあげる、きっかけをつくります。
自分では気づかない毎日の繰り返しに、それがあたり前になってしまい本当に必要なものかがわからなくなります。定期的に時間の棚卸は生産性をあげる為にも行うことをオススメします。
この時間の無駄を省くのとダイエット方法がよく似ています。レコーディング・ダイエットというダイエット方法は毎日摂取する食物とカロリーを記録することで自分がどれだけ摂取しているかを自覚させて今後の食生活を改善させるダイエット方法です。
この記録をつけることでカロリーに対する意識が高くなり、自分では必要と思っていた食事や間食が変わっていきます。
時間管理にしても同じことが考えられます。今まで必要と思っていた作業が全体を見渡した時に、さほど重要でもなく必要性も小さいことに気づきます。いかに自分が余計な作業や動きをしていたことが分かるのです。
また時間管理方法は人それぞれです。自分が管理しやすい方法を探してみましょう。例えば1日の無駄な時間が分析するために作業別に色分けします。発注は黄色、現場フォローはオレンジ色、資料やデータ処理は水色、ミーティングは紫色、休憩時間は灰色、販促会議や自分会議は緑色、そして無駄な時間は赤色に分けることで自分の行動範囲や動きが把握できます。自分の動きが把握できることで他人の動きも把握できます。これが時間管理の上で一番大事なことにつながります。ただ自分の時間管理もできないのに他人の時間管理などできるはずもないことは覚えておきましょう。
皆さんの参考になれば幸いです。
CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe