社長ブログCEO
2017.06.14
代表ブログ

『飲食店経営における 開業前に他店での修行』株式会社フードナビ

飲食店を開業する前に他店での修行は大きな財産となり得ます。
いくら一人前のシェフで経験が豊富でも経営は、また違う芝生の上となります。いきなり開業するよりか準備段階を他店で経営目線の仕事をして、慣れている方が大きな間違いをすることが少ないです。特に開業となると人生の中でも大きな節目となります。お金も大きく動かさないといけない時です。そんな時に限って、思いもよらないことが起きやすいです。
開業時には万全を期して臨むのがベストです。そうなると少しでも経営というものに肌慣れしといた方が慎重に物事を進めていけます。
他店で学べる経験は大きな財産となります。毎日の売上の作り方から月間での財務計算、資金繰りの仕方、経費の削減など、あらゆるものが貴方に知識として蓄えられていきます。店の雰囲気作りも勉強になります。照明やポップの使い方からホールでのテーブル、イスなども置き方一つで演出が変わります。料理に関しても今まで経験したことから更に勉強させて頂けます。材料の調達方法や素材の使い方、調味料の使い方、料理を盛るお皿までも意識させることで自分の店でのアイデアにつなげることができます。
店での販促にもついても今後の自店での参考になるはずです。季節によってのメニュー提案は、その時々の旬なものもありますが、販売の幅を広げることでより多くのお客様獲得を現実にさせます。
このように他店での修行は本人にとって後につながる開業への準備を頭の中でシミュレーションができるようになってくるのです。自分で店を開業する前は他店での修行をオススメします。
しかし、注意する点があります。まずは修行期間をしっかり決めておくことです。この期間を決めておかないとずるずるとそこに居続けてしまう恐れがあるのです。人間はどうしても先延ばしと怠ける習性があります。次に修行する場所は自分が開業させる業種、業態であるかです。同じ飲食店でも業種、業態によって大きく違います。せっかく修行するなら同じ業種、業態を選んで修行に臨むことです。最後に辞め時ですが、自分の意思と反して辞められないとか店を辞めることで迷惑がかからないことを前提に修行に臨みましょう。これは修行場所のオーナーに正直に話して、お互いがそれでも良いなら合意のもとで修行をすることです。最後は人間関係になるということです。そういうところも学びをさせてもらえるのが他店での修行です。
皆さんの参考になれば幸いです。

CEO 渡辺大河 Daiga Watanabe